総合支援資金は連帯保証人を確保した場合は貸付利子は無利子です

また総合支援資金は連帯保証人を立てられない方も、年1.5%の利子で貸付を受けることができる制度になっています。

まず総合支援資金貸付とは、いったいどのようなものなのでしょうか?
日本は現在、新規で就職することがとても難しく、また労働者の方も解雇や給料が減ってしまうことなどで安定した生活をすることがとても難しくなっています。
失業をしてしまった方や低所得で困窮してお金に困っている方、高齢者の方や障害者の方が通常の生活を送れるように、条件によっては各都道府県の社会福祉協議会が生活費や一時的な資金の国からお金を借りることができます。 安定した生活に立て直すために必要な住宅入居費や、経済的に確実に自立ができるようになるように生活費用の貸付、離職者支援資金貸付制度としてハローワークなどによる就職や求職の継続的な自治体からの支援を審査して受けることができます。


総合支援資金の申請窓口は現在お住まいの住所を管轄している市町村の社会福祉協議会になります。 住居が現在ない方は、住宅手当てを申請して住居の確実な確保が見込まれることで住宅手当てとの審査での併用が可能になります。
平成28年の現在の条件で、お仕事をしていない無職の方はハローワークで求職申し込みと、職業相談を事前に受ける必要があります。

1つ目の生活支援費は、重度の病気が治って普通の生活が立て直せるまでに必要な当面の最低限の生活費用です。
2つ目の住宅入居費は、家を不動産屋から借りるために必要な敷金礼金などの賃貸契約を結ぶための借金になります。
3つ目の一時生活再建費は、就職や転職をするための技能習得や債務整理をするために必要な費用の事をここでは指します。

総合支援資金や国の制度を条件を満たしている場合は借りる事ができる

11種類の資金と上限金額(PDFファイル)

日本にはあまり知名度や認知度は高くなくても様々な総合支援資金のような福祉の救済制度があります。 必要条件をしっかりと満たしている場合は誰でも利用する事が出来、もちろんそれはけして恥ずかしい事ではありません。 人生を自力で生きていくため、大事な家族を守るために必要な場合は貸付の審査の手続きを行いましょう。 基本的にどんなに強い人間でも困っている時は冷静な判断をする事が難しい状態に陥ってしまっています。 社会福祉協議会や市区町村の担当の方やハローワークと話をする事で自分だけでは見えなかった離職者支援資金貸付制度などの解決策を発見できる事もあります。 また知識のある誰かに相談できる事で落ち着いて行動できるようになる事もあります。

残念ながらお金に困っている方には、更に奈落の底に落とし込むような甘い罠や違法な誘惑もあります。 近年ですとどこから機密情報が漏れているのか不可解な派手なダイレクトメールや直接携帯に堂々と電話が掛かってくる事もあります。 間違ってもトイチの闇金や悪徳業種の詐欺に引っ掛かる事のないように充分に注意をしなくてはいけません。 それだけでなく、最近話題となっている総合支援資金や生活保護の不正受給や嘘の申告なども気をつけなくてはいけません。

細かくチェックすべきなのはお酒やパチンコや競艇や地方競馬などの依存性のある毎日開催されるギャンブルに支給されたお金がその日のうちに使用されてしまう方もいるようです。 これを行う事でばれてしまったら最後、国からお金を借りる為の助けを審査して求めても何とかして救ってくれる制度や法律がなくなってしまいます。 社会的にいくら長い時間働いても毎月赤字で満足に貯金できないような厳しいシチュエーションや状況があったり(シングルマザーのワーキングプア問題)、またはハローワークなどの条件に合う国の制度を利用した方が楽などの意見もあります。 しかし、不正な受給をする方が存在することによって本当に貰わなくてはいけない困った人が冷たい世間の視線を浴びたり、肩身が狭い苦しい思いをしているようです。 またそのような流れや風潮によって支給金額が減額となったりする案も現段階ではでています。

総合支援資金はインターネットによる、お申し込みは一切行っておりません。

申請窓口は現住所を管轄する市町村の社会福祉協議会になります。 ご相談においでいただく際は、待ち時間の混雑を避けるために事前に電話連絡によるご予約をおすすめします。

総合支援資金は以下に当てはまる人は審査の条件の対象外となります。
・老齢年金の受給を現在している
・雇用保険の失業者給付を受給している
・就職安定資金等を利用している
・雇用保険受給資格がある(受給までの待機期間中の人も含まれます)

これから、経済の回復の兆しも見え隠れしていた、2010年から回復傾向にあった日本の失業率は2017年では東北関東大震災でまた大きく変わりました。 被災者の方の一方的な失業はもちろんのこと、直接は被害を受けなくても被災に連動して売上のダメージを受けた企業などが数多く存在しています。 この地震の余波はこれからも続き、二重の借金を背負った失業者はどんどん増えてしまうと言われています。 審査は面倒な総合支援資金ですが細目に書類を揃えることで合格します。 公的なハローワークでは被災者の方の失業保険の受け方や、求人や仕事の相談、ハンコや通帳などを被災で紛失してしまった方などの貸付の相談を特別窓口を設けて受け付けています。


国からお金を借りる【特別融資】2017年版

関連記事

このページの先頭へ