生命保険の契約者貸付は解約返戻金の50%から90%程度のお金を借りる事が可能です

加入している生命保険会社で加入しているプランに契約者貸付があるかどうか確認してみましょう。
世間的にも知名度が低くあまり知られていない担保なしでお金を借りる方法の一つに生命保険会社の契約者貸付という制度があります。 払い込んだトータルの額や期間によって利用できる分も変わってきますし、入会した年によって金利も異なりますが1.2%から4%程度である事が多いため非常に低くて便利ということができます。 しかし、任意で加入している保障プランによってはこの契約者貸付の制度が無い場合もありますので約款だけでなく担当に契約内容や利用可能な上限額などを問い合わせてみましょう。 基本的な考え方としては解約返戻金が無い場合は利用できませんので確認をし注意してください。


クレジットカードでお金を借りる方法


今まで生命保険に支払った額よりは借りる額は少ない

解約返戻金の前借ですので審査などは緩い事が特徴
この契約者貸付というものは加入している生命保険会社が契約満了時や万が一の時にお客さまに支払う今の時点の金額の5割から9割程度借りる事ができる裏技の制度です。 ですから基本的には担保不要で掛かってくる利息も低く合否の審査もあまり厳しくないのが目立った特徴です。 見方を変えれば将来的にお客様が受け取る還付のお金を自分で前借することになります。 ですから返済が遅れても契約上の利息分が加算されるだけで保険会社からの親切な定期的な連絡や葉書によるしつこい催促などはあまりありません。 万が一の場合は支払う分と経理上で双方の数字のプラスマイナスを相殺することになるのです。 できることならば、誰でも国からお金を借りる事はどこからでも可能であるならば避けたいですがもしもの時の生命保険を活用する事は、銀行のカードローンや消費者金融などを利用するより選択肢として賢い方法とも言えます。

生命保険の契約者貸付制度は返済も簡単

生命保険を満期前の途中で払い済みにして解約しなくてもお金を借りる事ができます
世間的にはあまり知られていない契約者貸付制度ですが、実際に利用できるかどうかは加入している生命保険の保障プランによって異なります。 この担保が要らないシステムを利用した場合の返済方法は特に決められているわけではないというのがメリットでもあり、危険なデメリットでもあります。 放置してしまったり忘れてしまう事で金利分が二重に加算されていき本来受け取るべき解約返戻金が減っていってしまうことです。 加入している個々の会社によって都度の返済方法は異なりますが、有人の銀行窓口やATM機械などで瞬時に振り込む簡単なものになっています。 一般的にこの生命保険の貸付制度は特殊で、正式には国から推奨されてなくあまり知られていないのは、家族では駄目で契約者本人しかお金を借りることできないという事が見逃せない理由の一つです。 被保険者となっている同居している配偶者の専業主婦などは申請する事ができないことや、ある程度時間が掛かる事から1週間は余裕を持って申し込まないといけない事なども含め利用できる人が限られている事があまり知名度が高くない理由なのかもしれません。

全額一括も分割も返済は可能です

特に返済方法は一括と決められていない事が多いです。 いくら契約者貸付制度の利息が安いからと言って支払いが数日以上滞ってしまうと、将来の解約返戻金がその分減少してしまうことになります。

契約者貸付制度はいくら利用したくてもプランによっては最初から設定がない事が多くあります。 支払いが安い掛け捨ての場合や貯蓄性のないプランの場合は初めから特典がありませんので注意しましょう。 貯蓄性があるタイプの場合でも加入して間もないお客様は利用額の関係上借りる事ができない事が多いようです。

生命保険の契約者貸付は募集人の担当者にばれる?

一時的にお金に困って生命保険の契約者貸付で凌ぎたいけど、保険の担当者にお金がないのをばれたくないけどという不安がある人は多いようです。 保険の募集人は自分の担当についてはオンラインの端末で変更がいつでも見れるようになっている仕組みです。 大元の保険会社に内緒で生命保険でお金を借りたいと言っても、自動的に端末に反映されて分かってしまいます。

それだけではなく、生命保険会社のフリーダイヤルに電話した内容等々も履歴として残されて募集人が自由に閲覧できるようになってしまってます。 もし契約者貸付を検討しているが担当者にはまだ内緒にしたい場合は、フリーダイヤルに電話するときも正直に話して匿名で質問させてもらうことが可能です。 証券番号を言ってしまうと履歴が残るので注意が必要です。


国からお金を借りる【特別融資】2017年版


関連記事

このページの先頭へ