親にお金を借りるのに良い頼み方と言い訳ベスト3

【1位 素直に全部オープンに打ち明けること】
どのような都合にしろ人を納得させて動かすのに一番必要なのは「今自分の状況を理解してもらう」ことにあります。 親にお金を借りる時も、正直にどういう状況で何の為の用途かを説明することで理解して貰える可能性が高くなり親子なので信用して貸してくれます。 一番悪い言い方は、嘘で相手に疑念を抱かせるようなお願いの仕方、中途半端に真実を隠すと引っ掛かりが出来てお金を貸してくれないこともありますので正直がベストです。 親に心配を掛けたくないというのは逆効果で、疑念を持たせてしまうことになります。

【2位 高額のセミナー等に参加するという言い訳】
どうしても本当の自分を言える勇気がない場合は、親にお金を借りるのに資格や勉強で自分のスキルアップの為に支払う必要があるという嘘の言い訳が無難です。 親は自分の子供の成長が楽しみなので、学力や仕事力がアップすることには糸目なくお金を支払ってくれます。 長期の塾とか学校というと定期的に通っていないと嘘がばれるので、単発の高額のセミナーを受講するという嘘で親にお金を借りる方法が安全です。 その際はいつまでに返済できるかも含めてお願いすると理解して貰いやすいでしょう。

【3位 不幸が起きたという嘘の言い訳】
親は子供が幸せでいて欲しいと願う根本的な習性があります。 不幸が子供に起きて、それが金銭で解決できるなら支払いは拒まない、この心理を悪用したのが振り込め詐欺です。 言い訳としてはばれない嘘がベストで、親にお金を借りることで速やかに解決することをアピールできるものが良いです。 年齢や同居しているかどうかによって具体的な内容は異なりますが、突然身に起きた不幸の言い訳が効果はあります。

親にお金を借りること、援助してもらうこと

Googleの検索エンジンを使うとみんながどう考えているか人数が多い順を羅列して誰でも見ることができます。 親にお金を借りると検索すると、補助の候補として多い順に1位~10位まで出てきて、これが頻繁に検索される言葉になります。 上図を見て分かるように、住宅ローンの頭金や車や結婚資金といった正当な理由の言い訳のものが上位に来てます。 推察するに親にお金を借りるのには、納得してもらえる常識的な理由がないと承諾を貰えなくお願いすることが出来ないと考えているのでしょう。

何かの理由があって緊急で必要になった時、まず収入の多い親にお金を借りることやお金に余裕がある兄弟などを当たることになる方が多いかと思います。 一般的に、関係がしっかりある家庭なら利息や利子の事を考えると銀行や消費者金融に融資を受けるより都合が良いのは確かです。 しかし例え家族であってもしっかり返済をしていくことが、子どもとして互いの良い関係を保つために重要になってきます。

クレジットカードでお金を借りる方法

60歳未満の世帯主の世帯の55%は何かしらの借金があります

現在の日本では4割くらいは何らかの理由で国からお金を借りる生活をしているという見逃せないデータがあります。 また2割近くの19%が1,000万円以上の利子が掛かる借金があります。 これは住宅購入のローンなども含まれますので、一概に低所得者が親から多額の借り入れをしてしまっているという状況であるとは言えません。 (大口のローンを実際に組めるという事は安定した水準の所得があるという事になります) しかし銀行やフリーローン、もしくはトイチの闇金などからの負債額が極端に大きく膨れ上がっている人もいます。 それ以外の借入先は悩みを打ち明けれる身内である家族や兄弟などになります。 特に、直系の子どもが親にお金を借りるなどをする時は、定時の返済が疎かになりうやむやになるケースが多く後々大きな問題が発生する事も少なくありません。 いずれにせよ、しっかりとスタートする前の最初に計画を立てて返済をしていく自己責任があります。

090金融

借金がある人の用途の半数近くが住宅の購入になります

親にお金を借りる人の44%が目的はマイホームの住宅ローンという省庁の統計データになっています。 一発逆転の宝くじなど何かない限り1億円以上の高層マンションや新築の一軒家はなかなか一括で支払いをできる余裕のある人は少なく、また数字的に18%の耐久消費財は自動車などの分割払いによる購入が予想されます。 賃貸で家賃を毎月支払うくらいなら家かマンションを購入した方が損得の面で良いという考え方を持つ見栄を張る人が未だに多く、最近では独身女性でも自分の老後の生活の事を考えて長期プランを組む人が増えているそうです。 初期費用などの言い訳の理由で親にお金を借りる場合であっても、支払いが「余裕ができたある時払い」や催促なしの「出世払い」などですと実質は親からの贈与があったものとみなされ贈与税の課税対象となってしまいます。 贈与税の課税対象は110万円(基礎控除が110万円の為)となっていて、それ以上では年度末に白色の確定申告が必要になってきます。 (平成25年に法改正があるのでご確認ください)

親だからいくら借りてもいい!?は間違いです

そんな考えは大きな間違えで贈与税などの法律的な難しい問題も出てきます。 家族がしっかりしていてそれが可能でもしっかりとした意識の共有が大切になります。 裕福な親に仕方なくお金を借りる方は「全額を返すのはいつでもいい」と思っていても本心は相手は違うかもしれません。 しっかりと毎月の返済の事も話し合いをして、幸せの未来を作っていくためのプランにしましょう。

もし自分が突然事故や大怪我で働けなくなってしまったら、不運で他界するようなことになってしまったら、などと考えたくなくても考えなくてはいけない事はあります。 むやみに借金を増やしてしまって家族や兄弟に迷惑を掛けてしまう事もあるかもしれません。 実際にそのような理由はよくある事なのです。 大口でも小口でも親にお金を借りるときは慎重に言い訳をして行動する必要があります。


国からお金を借りる【特別融資】2017年版


関連記事

このページの先頭へ