個人事業主や自営業者がお金を借りるのに必要な事

個人事業主と言っても職業は多種多様です。 農業や小さな駅前の商店などが一般的なイメージですが、そうでなくタクシーの運転手や経営コンサルタントでも自営業はいます。 特に近年はインターネットの普及などもあり会社に属さずに一人でお金を稼ぐことができるビジネスも増加してきました。 ブロガーやアフィリエイターなどもこの括りに入るほか、ウェブデザインやプログラマーなどもいますし、音楽、芸能活動をする場合も事務所などから給料を貰っている場合でなければ個人事業主という事になります。 このような職業の方が無担保でお金を借りるのに審査が通らないで苦労をすることは多くあります。 社会的な信用力が弱かったり、信頼性がないと銀行に判断されてしまうからです。 日本では誰もが知っている紅白歌合戦などにも出演経験のある稼いでいる歌手が、住宅ローンでは審査に落ちてお金を借りることができなかったなどの話もあります。 経営の資金繰りのために自営業で融資を受けようと銀行や地方の信用金庫などに行っても断られれるケースは多くあります。 特に創業時や実績がまだ浅い場合はクレジットカードも作ることができなかったり、無担保では国からお金を借りれなかったり個人事業主として収入がしっかりあっても社会的信用度が低い事が法人の株式会社と比較するとデメリットとしてあります。


クレジットカードでお金を借りる方法


個人事業主がお金を借りる優先順位は信用金庫が一番

金融円滑化法の期限が切れることや消費税のアップなど中小企業や個人事業主にとっては向かい風が続くことが予想されています。 そんな中、国からお金を借りる方法、所謂資金繰りや控除や手元への還付を多くすることが上手くできることが自営業として会社を継続させることの一つの大きな要因となりそれができなければ、畳まなくてはいけない状況になってしまいます。 お金を借りる上での優先順位としては当然、無担保の銀行や信用金庫が費用対効果で一番最初になります。 それと同時進行で日本政策金庫や商工組合中央公庫にも足を運ぶ必要があります。 創業時でもそうでなくても常にこの二つとは上手に付き合っていく営業スキルと努力が個人事業主の場合必要になります。 次の選択肢として無担保の消費者金融やビジネス、営利目的の商工ローンというものになるのではないでしょうか。 しかし前者と比較すると個人事業主の審査は比較的緩くなるものの、毎月かかる金利が高いため計画的に返済プランがなければ元金を返すだけで精一杯になってしまうというパターンになってしまいます。 また大手の有名メガバンクなどでは個人事業主向けのカードローンも別途あります。 無担保と有担保では当然金利は異なりますが、基本的には大きな額の融資を受けるのは自営業では審査が厳しいのが仕方のない事ですが残念なことに日本の今の現状です。

090金融

無担保で個人事業主がお金を借りることができる金融業者

近年では個人事業主向けの銀行のカードローンや無担保の消費者金融のプランは選択肢が少なく充実しています。 しかし、だからと言って自営業の審査が通るのに基準が緩くなり簡単になっているわけではありません。 2017年に金融円滑化法が期限がなくなり新たに資金繰りの方法を見つけなくてはいけない状況になっている個人事業主の方は金利の面でも返済プランを見直さなくてはいけないのです。 総量規制は個人事業主の場合原則として対象外となりますが、当然収入が判る確定申告書が必要になります。 これだけ多くの広告が流れているのだから、多少は無担保で国からお金を借りる事への敷居が低くなっているのではないかと勘違いしているお客様がいますが、世間的にはどんどん厳しくなっている傾向にあります。 特に職業が解り易くはっきりしていない約款が無い自営業の場合、世間的な認知度が低かったり、あまり良い社会的なイメージがなかったりする時にはあまり限度額は大きくないようです。 いくら世帯の収入が高くても残念ながら経営されている職種によって可否を判断されてしまう事は世間的にもよくあることなのです。 これは所謂、住宅ローンの場合でも同様で、所得税の控除が国民健康保険か社会保険かでも足元を見られ軽く判断されてしまう事はあります。

日本政策金融公庫は個人事業主でもお金を借りれます

日本政策金融公庫とは2002年に「国民生活金融公庫」と「中小企業金融公庫」が併合して出来た財務省管轄の特殊法人で、中小企業や個人事業主や個人にお金を貸し出す機関になります。 個人事業主では平均のお金の借入額は400万円前後で、審査が通るか否かの基準は事業の将来性と雇用創出になっています。 日本の将来に向けて発展しそうな起業したばかりのところにお金を融資して経済を発展させる趣旨になります。 個人事業主で日本政策金融公庫を借りれた人の口コミでは、借金とかで信用情報がブラックなのに審査が通ったという話もあり、現在困っているかどうかではなく将来性を強くみられるので計画書の出来不出来が重要だそうです。

日本政策金融公庫の特例で「女性小口創業」という特例があり、女性の起業家なら身内の保証人なしで300万円まで貸し付けする制度もあります。 下手に起業資金として消費者金融や銀行で借りるよりは、先に利用しておいた方がよいお得な制度になります。

個人事業主の割合は今後増加する?

社会的に不安定とされる職種も今後は縛られない自営業が増加する傾向にあります。 理由の一つとしてインターネットや新しいWEB事業が土地や新規のビルを用意しなくても開始出来て、爆発的に増加したことがあります。 資金を利息が付く外部から借りる必要がないため、人件費やコストが掛からないため知識と技術があれば成功するかはさておきすぐに始められます。

基本的には個人事業主は金融業者にとっては不安要素であることは昔から変わりはありません。 銀行や消費者金融はリスクの少ない、安定した返済がしっかりと見込める相手にはどんどん融資をしますが、無担保なので危ない所には貸したがらないのです。 ですから自営業の職業によっては一定の収入があってもお金を借りることが難しいというケースはよくあることです。


国からお金を借りる【特別融資】2017年版

関連記事

このページの先頭へ